>

独身のうちにやっておきたいことを考える

独身生活の利点は「自由」

第15回出生動向基本調査における結婚・家族に関する未婚者の意識調査では、男女とも8割以上の人が、結婚後も独自の人生の目標を持つべきだという考え方を支持していました。
しかし、その一方で、男性の59.3%、女性の47.2%が、結婚後は自分の個性や生き方を半分犠牲にすることを当然のことと受け止めていることが分かりました。
また、独身生活の利点を尋ねた設問では、男女ともに「行動や生き方が自由」を挙げる人が圧倒的に多いという結果になりました(男性69.7%、女性75.5%)。
結婚しても、すべてのことをパートナーに合わせていかなければならないというわけではないが、多かれ少なかれ自由が制約され、ある程度の我慢が要求されるという価値観が根付いていると言えそうですね。

独身だからできることを考える

結婚を意識して相手を探し始める前のタイミングで、一度自由な独身時代だからできること・やりたいことをゆっくり考えてみてはいかがでしょう?
独身生活の魅力を十分楽しんだと感じれば、あるいはその見通しが立てば、婚活のモチベーションも上がるかもしれません。

独身ならではの自由な行動の一つとして、一人旅が挙げられます。
結婚相手にもよりますが、結婚してからは、日帰りであれ長期であれ、一人だけで旅行をする機会はなかなかとれないでしょう。
思い立ったその日に旅に出るなんてことも、独身でないと難しそうですね。
他には、夜に出掛けることや休日をマイペースに過ごすこと、趣味にお金や時間を注ぎ込むなども、独身ならではと言えそうです。
結婚してからも維持できるような自分だけの人生の目標を一人でじっくり考える、というのもいいかもしれませんね。


この記事をシェアする